最近撮りました朝の写真
綺麗なうろこ雲ですっかり秋となりましたね!

 

昨日もですが今日もお客様方とお話をたくさんお話しして楽しい一日でございました。
そんな何気ない会話の中から私はお客様から学ぶこともたくさんあります。
普段の生活やら出来事から
あっ!そうか!!って話しながら気付きます。
「今日も勉強になりました!」と言って帰られる方もいますが、
私も同じくお勉強になっているのよ~
大変ありがたいです。

所沢と吉祥寺のサロンをひとりで切盛りしている「ミイミイ」小林です。

それで今回のお勉強のひとつ、
そろそろというか、少し前から空気が乾燥していることにお気付きでしょうか??
私のサロンではお肌のためでもありますが、
まつげ施術もしていますから、接着剤をいい状態で保管するために一年中お部屋の湿度にうんと気をつけて管理をしているのです。
だから余計、最近とくに空気がパリッとしてきたなぁと思います。

空気の乾燥と共にお肌の乾燥も感じていますか??

空気と違ってお肌の乾燥は外側だけではなく中の乾燥が本当に老化の元です。
カサカサしわしわになってきてからではだいぶ遅いのです。
ご自身で乾燥していないと思っていてもお肌は乾燥を感じいますので気をつけて欲しいです。

例えば・・
乾燥の実感が無くてもテカテカしているお肌の方は、水分が無さすぎて皮脂だけたくさん出てしまう典型的な乾燥肌の場合でもあります。
そして、最近くすんできたなぁと思ったお肌の方は、しっかり保水してあって潤いがあれば透明感のあるお肌のはずですが、
水分不足により細胞がくすんで見えている場合もあるのです。
さて、あなたのお肌はどうでしょうか?

まずは空気の乾燥を防ぐために加湿器はこの時期はずっとONにしておくこと!
そしてお肌の表面というか中の保湿はクリームじゃないですよ。

クリームは表面に膜を貼るだけ、お肌の中を保水をする前に膜を貼っても中はスカスカです。
それだと後々お肌の中から落っこちます。
だからその前にお肌の中を保水出来る物を使いましょう!

サロンにも極上保湿アイテムがありますから、サロンのお客様はお尋ねくださいませ。

クリームで蓋をする前にローションやパックなどで中を補水しましょう!

本当の保湿とは?
*まずはお肌細胞内に水分を十分満たしてあげること=補水。
*仕上げに油分の幕で蓋をして逃げないようにしてげること=保水。

補水と保水のW保湿を忘れずに!!

クリームを塗って満足している方は要注意です。
まずはローションやジェルタイプで補水を!

保湿といってもまずは中の保湿(補水)を特にしっかりお願いいたします

水分不足でお肌の繊維が無くなり、柔らかすぎるタルンタルンの老化肌になりませんように!

 

 

お肌のアンチエイジング、年齢を感じさせない美しさをお求めの方はミイミイへ!

ご予約・お問合せはこちらの公式LINEからお願いいたします。
   ↓  ↓  ↓

 

 

ミイミイ所沢店のWEB予約はこちら

 

 

ミイミイ吉祥寺店のWEB予約はこちら