いつまでも綺麗でいたい方のためのサロン「ミイミイ」小林規子でございます。

最近のお目元事情、よくある会話内容のひとつ。
「マスクしているから、目元が重要なのよ!!」と、お客様からの声が多数。

と、いうことで、今回はまつげエクステとまつげカールについてのお話しでございます。

まつエクもパーマもどちらにせよ、まつげをどうにかして
今よりもお目元をよく見せたいから何かをするんですよね?
実は私も一重まぶたで自分のまつげも直滑降の下向きですから、まつげを何とかしたいお気持ちがわかります。

それでは違いに着いて少々説明いたします。

 

まつげエクステとは

自まつげに仮の毛を接着剤で付けることで、お目元のボリュームや長さを自由自在にできます。
デザインも極力お客様のお好みへ近づけることが可能な技術です。
泣いても取れず、マスカラいらずですからパンダ目にならない安心感もありますね。

持続力は約1ヶ月。自まつ毛の寿命と共に少しずつ取れていきます。
(だんだん寂しくなっていきます)

ご自宅でのメンテナンスとして、根元にメイク汚れや垢がたまらないように、
丁寧に洗うことが一番の長持ちと良い自まつ毛の状態を保つ最大のポイントです!

料金は本数や毛質により変わりますが、何百本も付けるボリュームラッシュはパーマよりやや高めです。

マツエク(ボリュームラッシュ350本)

 

まつげカールとは

自まつ毛にパーマをかけてお目元をはっきりさせる技術です。
あくまでも自まつ毛がベースなので長さはそのまま、かけるパーマの具合により長く見える技術も最近は多いですよね。
ご自分のまつげを最大限に生かしたメニューです。

マツエクみたいな長さよりも根元から立ち上げたい場合はまつ毛パーマです。
最近はつくられた美容よりもナチュラル感、自分の素材を生かした美容も流行ってきていますから、
まつ毛パーマの人口も、大ブームを起こした20年前と匹敵するほどの人口が今いらっしゃいます。

持続力は約1ヶ月。
だんだんとパーマがバラバラになっていきます。

普段は上からマスカラをしてボリュームを出してもOK!
(パンダ目になりやすい方はエクステがいいです)

料金は最近のマツエク価格が下がってきているため、同じくらいかもしれないです。

今人気のヒト幹細胞まつ毛パーマです。

 

それぞれのデメリットについて

・お手入れが大変!
・毎月通わないといけない!
・自まつ毛が傷む!
などなどいろんなお声を聞きますが、そんなことはないですよ。

もしマツエクもパーマもしていなかったら、毎日のメイクはもっと大変ですよね?
むしろ少しの間、お手入れが楽になっていると思いませんか。

自まつ毛への負担は種類は違えど、どちらもかかります。
マツエクは、濡らさない、擦らない等、接着剤の揮発刺激に気を遣い
パーマは、長時間パーマ剤が毛に残留することで負担の原因となります。
実はどっちもどっちですが、ちゃんとした施術と正しいケアでなんてことはないのです。

なにより一番重要なのは、お肌と一緒で保湿でを怠らずに常にキューティクル(外側にある瓦のような細胞)が剥がれ落ちないようにを守ることです。
キューティクルがしっかりしていれば、切れ毛や傷み、多少の負担が防げますね。

 

まつげエクステとまつげパーマの違いは何となくこんな感じでございます。

どちらもメリット・デメリットがありますから、ご自分のお好みで選んでもいいですし、
どちらがいいのかお悩みでしたらご相談も受付けておりますよ。
  ↓  ↓  ↓
メール・Lineからのお問い合わせはこちら

 

 

ミイミイ所沢店のWEB予約はこちら

 

 

ミイミイ吉祥寺店のWEB予約はこちら