40歳からのエイジングケアサロン「ミイミイ」でございます。

夏は脚や腕が出る季節ですね。
最近ではお客様からと私の近親者からもよく「むくみ」についての相談を受けます。
パンパンでどうしたらいの?やっぱりマッサージかな??って。

 

「むくみ」ってな~に?


体内に必要以上に水分をため込んでしまう現象で、食生活だけでなくホルモンや自律神経の乱れからも溜め込みやすくなります。

むくみが続くと過剰な水分が冷えを招き、リンパ管や血管を圧迫しデトックスしにくいお身体になっていきます。
そして最終的には太りやすく免疫力も下げてしまう体質になっていきます。
だから、気を付けたい「むくみ」です。

もちろんお身体を冷やさないようにしたりマッサージをするのも大切です。
ミイミイにもボディケアの施術メニューがあります。
だけど、そのむくみはどこから来てるの?と考え、
そうなってからの対処ではなくて、ならないようにするのも手だと思うのです!

そこでなんですが、私がむくみさんへいつも質問しているのは・・・
最近、お砂糖の入った甘い物やアイスやジュースが増えていませんか?

むくみというと「塩分」を気にする方が多いと思うのですが、もちろん塩分もですが、その前に気を付けてほしいのが実は「糖分」なのです。
知ってた?
実は私もジュースを飲むとすぐ脚がパンパンになります。
外食で一緒に甘い物やジュースを摂るともうパンパン。
でも自分がこうなるって「知っている」から気を付けられるのです。

皆さんはどうでしょうか?
甘い物が好きだと思うから完全にはやめられないですよね。
だからちょっとだけ意識してみて。
少し減らしてみたりするだけでも違うから!

 

なんで塩分より糖分でむくむのか?


クッキーやチョコレート、アイスやキャンディー、ジュース等の砂糖たっぷりの甘い物は、摂取すると体内でインスリンが過剰に分泌されるのはご存知ですね?
その過剰分泌のインスリンのせいで余計体内に水分をため込んでしまうのですが。

簡単に言うと糖分を摂取することで塩分とカリウムのバランスが悪くなって体内の塩分濃度が上がってしまうため、その塩分を薄めるために水を体内に溜め込むように「むくみ」が出てきます。
だから塩分もだけど、その前に糖分を意識しましょう。
たぶん、皆さんのむくみは糖分からですから!(笑)

そして、糖分が多い方はお肌もたるむし乾燥するのよ!


なぜなら糖分はコラーゲンというお肌の弾力組織を失わせてしまうので・・・
 =お肌のたるみ、

むくんで水分を溜め込んだお肌は水分が余計な冷えを招き代謝が悪く・・・
=肌細胞の生まれ変わりが遅い乾燥感に繋がります

ね??だから
健康的にも美容的にも甘い物の摂り方が超~ネック。

そして甘い物をどんどん食べたくなるのもタバコと一緒でストレスのひとつだし、中毒の一種。
禁煙と同じく、むくみや乾燥が気になっているなら禁糖をしてみましょう。
ただし一度に全ては止められないし止めなくていいから、少しだけ気を付けよう!


糖分摂取を少し控えるだけで体調もお肌も違ってきます

・毎日の疲労感が減ります。(重だるさが違いますよ)
・お肌の乾燥も軽減。(糖の代謝がお肌の新陳代謝にも回りますから当然です)
・何よりもご飯が美味しく食べられるようになります。(必要な栄養は食事から摂取が基本です)

それでお水を+αで飲んで毒素は尿と一緒に出してあげてくださいね!

お水はサプリ。
お身体の調子を整える一番安上がりで副作用も心配ないサプリなんですからね。

糖分ではなくお水を積極的に摂りましょう!

 

 

甘いものが止められない方にとって、この記事が少しでもお役に立てれられるのなら幸いです。

メール・Lineからのお問い合わせはこちら

 

 

 

 

☆甘いものをよく食べる方は下腹部に食べた物が消化されずに溜まりやすいですよ。
☆腸内の腐敗が進み腸内環境がさらに悪くならないように、そんな時は腸セラピー!

 

 

 

☆気を付けていてもむくんでしまう方にはアロマでゆっくり筋肉をほぐしてリンパも流します。

 

 

WEB専用ページから今すぐ予約する