午前中は急いでお墓参りへ行ってきました!

お彼岸ですから平日にもかかわらず霊園は激混みでございましたよ

 

実は先週末に私の母上が(無事に)入院しまして、ほっとしているところでございます

主治医の先生からも体調が辛かったら何時でも救急でも来るように言われていましたから、

夜中でもつらそうにしている母上を見て連れ出した次第でございます

 

救急でしたからもちろん主治医の先生はおらず、非常勤の先生だったのです

なぜだか上手く症状が伝わらなかったみたいで、月曜日に出直してくるようにそのまま帰らされてしまいました

でも本当に辛そうでしたから月曜日までそのまま待たせるのはちょっとって思ったんですよね

だから再トライ!次の日は別の先生でしょうから(笑)、今度は事細かに説明し見事入院に成功です

 

たぶん、一度目の時に上手く伝われば良かったのですが足りなかったんでしょうね、私の熱意

もともと体重も少なく体力がないので、入院はできなくても点滴でもしてもらえたらと思ったのですが、

一度目の時の非常勤の先生からこう返されたのです

「点滴も高いからそう何度も打てないんだよね!」って…

正直、心の中でブチ切れましたよ

どう処置をするかはお医者様の判断に従うしかありませんが

値段ではないでしょ?患者さんの症状を見てちゃんと最善を尽くしてほしいと思ったのです

値段が高いからって・・・

私にはこんな時間に来ないでくれよとしか聞こえなかったのです

だから、心の中でブチ切れ顔はひきつり笑顔のまま、ほぼ自力では歩けなくなっていた母を連れて帰りました

 

病気になるのも、具合が悪くなるのにも時間は選べないし関係ないと思うのです

それゆえの24時間救急医療だと思いませんか?

しかも「断らない医療」とhpにデカデカと書いてあるんです(笑)

 

今回は本当に参りました

主治医の先生も看護師さんも優秀な病院だと思っていたのに、

救急の先生の一言で少なくとも私からの信用ガタ落ちです

 

二度目の救急でもし断られたら?私にも考えがありました

6年間もお世話になっていた病院をセカンドオピニオンで変えようかと思って臨んだのです

それで翌日の再チャレンジで入院成功、もちろんモンスター患者になったわけではありませんよ

ちゃんとそうして欲しい理由をねつねつと伝えただけです

点滴の入った母本人も病室でホッとしていました

同じ場所にいる先生でもやはり人、自分都合の診療とでは全然違うな〜と思ったのです

点滴は高いとダメなの?きっと経費がかかるという事なんでしょう

 

ありえないありえない

もしそう思ったとしても、言葉を受け取る相手のことを考えられるのでしたら、その言葉は出て来なかったはずなのです

相手の気持ちのわかる、わからなくても思いやりのある言葉を選んで話す人のほうがいいなと思いました

それがお医者様でもエステティシャンでもカフェの店員さんでも

そう思いませんか?

言葉一つでえらい違いなんですから!!

 

今日はなんだか鼻息の荒いお話しとなりました(実話ですよ)