なんだか相棒マネキングさんのお首を絞めているかのような写真になっていますが、違いますから!
ちゃんと真面目なお話しでございます

お首の急速老化が気になる方へ、日頃のスキンケアはどこまでしていますでしょうか?

 

年齢と共にお顔だけでなく、お首の老化も気になっている方が多数でございますよね

先日お話ししていたお客様は
そういえば、首は何もしていなかったな~!と、正直に仰っていました

もともと人間のお肌は一枚皮で全身繋がっていますから、お顔と隣接しているし
本当はお首もお顔じ様にしてほしいとプロは思っております

なので、今日はスキンケアのエリア(範囲)についてお話したいと思います

サロンではお客様がお肌のお手入れをした後にお鏡の前でお化粧をしていかれるんですが・・・
私が横目で見ていると、だいたいの方がですね

こんな感じ!とても勿体ないお化粧の仕方なのです

 

塗っているのが正面だけ!
日焼け止めやファンデもここまでしか塗らないのです

塗れているであろう場所を分かりやすく線で引きますと
だいたいこんな感じ(笑)

 

実は鏡で見て映っている正面にしか塗れていないのです

それをね、横から見るとこうなります

 

実に頬の内側半分しか塗れていないのよ!

外側半分の塗り残しになります
大変オソロシイのです

50代~以降のお客様に多いかなぁ~
けっこう正面塗りタイプの方多がいのです

もしかしたら、基礎化粧品はファンデの様に色が付かないから分からないだけで
正面しか塗れてないかもしれない・・・
それだとさらにオソロシイですよね

だからもちろん、こう言うお肌が多いのが現状です

 

いつもケアや保護もしてるつもりが塗れていないのですから
あれ?いつの間に?
頬の外側におシミがある方も多いです

だから、塗る時は、手がこうなるように

 

ちゃんと横向きになるところまで塗りましょうね!

なので、急いでいるからって鏡を見ずに塗ると余計そうなるかと思います
ちゃんと鏡を見て、自分の手の向きがこうなっている事を確認できていれば塗れているはずなの

 

そうすると、ここまではしっかり塗れるはずですよ
お顔のためには最低限ここまでは塗ってほしいと思います

そして、ここから先は上級編 本当の所は手が上に裏返るところまで!

 

フェイスラインという所です
私はここまでがお顔のエリアだと思っていますよ

ここまでケアできていますか?

そしてお肌のプロ編の場合はこちらまで!
私はお首もお顔と思っていますから、お首までしっかりケアしますよ

 

 

だから、こちらまでが本物ラインでございます!

そして日焼けをしたくないからお首まで日焼け止めを塗るのでしたら、うなじもね
もしくはマネキングさんのように大きめの帽子で隠しましょうぞ

春の紫外線は思っている以上に鋭く、お肌の老化を急速に早めてしまいます
お花見へ行く前に鏡の前で要チェックしてからお出かけくださいませね

それで帰ってきましたら、クレンジングもお首までするのですよ?
お首も洗い忘れがないように!

まだまだ細かいケア方法や塗り方もあるのだけれど
ケアする範囲に関してはこんな感じでしょうか

お首の急速老化が気になる方は
ひょっとしてお首を放置して何もしていないからじゃないかしら?

ちょっとだけ意識してみてくださいね